BLOG

  • Facebook
  • Twitter

「STUDIO」で独自ドメインを利用して、Webサーバーとメールサーバーを別々のサービスにする方法

芦刈光彦

芦刈光彦

「STUDIO」で独自ドメインを利用して、Webサーバーとメールサーバーを別々のサービスにする方法

ノーコードでホームページを作成できる「STUDIO」。
公開するときのドメインは、プラン内で提供されている「https://〇〇.studio.site」を使うこともできますし、独自ドメインを使うこともできます。

今回の要件は、独自ドメインを利用してWebサイトは「STUDIO」を表示、メールサーバーは「mixhost」を使いたいという要件でした。

Webサーバーとメールサーバーを別々のサービスで使いたい場合に、今回のやり方を参照してください。
今回の要件をまとめると次のようになります。

  • ドメイン管理会社は「ムームードメイン」を利用する
  • ホームページは「STUDIO」で作成して、独自ドメインを割り当てる
  • 独自ドメインメールは「mixhost」を利用する
項目サービス
ドメイン管理会社ムームードメイン
WebサーバーSTUDIO
メールサーバーmixhost

ムームードメインの設定

ムームードメインでは「ネームサーバ設定変更」を行います。

ムームードメインの設定

サイドバーから「ネームサーバ設定変更」を選択して、該当するドメインの「ネームサーバ設定変更」ボタンをクリックします。

ムームードメインの設定

GMOペパボ以外 のネームサーバを使用する」を選択して「ネームサーバ1・ネームサーバ2」に、mixhostのネームサーバを指定します。

項目ネームサーバ名
ネームサーバ1ns1.mixhost.jp
ネームサーバ2ns2.mixhost.jp

STUDIOでAレコードの確認

後にmixhostでAレコードを入力する必要があるので、STUDIOでAレコードの番号を確認しておきます。

STUDIOでAレコードの確認

プロジェクトのダッシュボードから「公開設定」ボタンをクリックします。

STUDIOでAレコードの確認

接続したいドメインを入力してください。

STUDIOでAレコードの確認

ご利用のドメインサービスで以下のレコードを登録してください」とメッセージが出てます。
一旦、STUDIOでは次の操作に進まずに、Aレコードの番号だけ控えておきます。

mixhostの設定

ドメインの新規追加

mixhostの設定

まずはドメインの新規追加を行います。
コントロールパネルから「アドオン ドメイン」を選択してください。

mixhostの設定

ドメインを入力したら「ドメインの追加」をクリック。
これでドメインを新規追加することができました。

DNSレコードの設定

mixhostの設定

コントロールパネルに戻り「Zone Editor」を選択してください。

mixhostの設定

該当するドメインの「管理」ボタンをクリックします。

mixhostの設定

まずはAレコードを変更しますので「編集」ボタンをクリックします。

mixhostの設定

先ほどSTUDIOで控えていたAレコードに差し替えてください。
編集が終わったら「Save Record」をクリックします。

mixhostの設定

次にMXレコードを変更するので「編集」ボタンをクリックします。

mixhostの設定

MXレコードの保存先を変更します。
ここにはmixhostの契約サーバのドメインを入力します。
契約サーバのドメインが分からない方は、コントロールパネルを開いているときのURLのドメインとなります。
「jp〇〇.mixhost.jp:〇〇〇〇」となっていると思うので「jp〇〇.mixhost.jp」の箇所だけ入力します。
編集が終わったら「Save Record」をクリックします。

mixhostでの設定は以上となります。

STUDIOで独自ドメインの接続

再度STUDIOに戻り、独自ドメインの接続を行います。

STUDIOで独自ドメインの接続

Aレコードが表示されている画面で「次へ」をクリックします。

STUDIOで独自ドメインの接続

接続を確認しました」と表示されます。
もし接続がされない場合は、mixhostのAレコードの番号に不備がないか確認をお願いします。

STUDIOで独自ドメインの接続

最後にTLS証明書が発行されますので、しばらく待って全ての手続きが完了となります。

最後に動作確認をしてください

各サービスでの設定は以上となります。

Webサイトが独自ドメインで正常に表示されているか、メールは独自ドメインメールで送受信ができているのか、念入りにご確認をよろしくお願い致します。

今回はmixhostのメールサーバーを利用しましたが、同じやり方で他のサーバーとも接続ができると思いますので、参考にしてみてください。

〈 この記事を書いた人 〉

芦刈光彦

Webディレクター芦刈光彦

社内では、Web制作のディレクション、フロントエンドを担当しています。
音楽と登山が好きです。ずっと福岡に住んでます。どうぞお気軽に。

その他のオススメの記事

ホームページのことは何でもお気軽にご相談ください!

092-406-8630

平日10:00〜18:00セールス目的のお電話はご遠慮ください

シンス株式会社

Webマーケティングのお役立ち情報を発信しています!