BLOG

  • Facebook
  • Twitter

ブログやSNSの更新が止まりがちなたった1つの理由

越水大輔

越水大輔

こんにちは、福岡のホームページ制作シンス株式会社の越水です!

先日、とあるYouTuberさんのお話を聞く機会がありました。

この方はすでにYouTubeを絡めた集客・販促コンサルティングで年商数億のビジネスを展開されている方なのですが、そのお話でハッと大事なことに気づかされた一言がありました。

それは、「いかにYouTubeを継続更新するか?」という質問に対する回答のなかで出た一言。

「よく、毎日更新してすごいですよねって言われるんですよ。
でも、毎日更新は当たり前ですよ、仕事ですから。
みなさん、毎日仕事してるでしょ?」

ということを聞いて、「確かにそうだわ!」と首がもげるくらいうなずく思いでした。

ブログやSNS、YouTubeの更新がなぜ滞ってしまうのか?

この方は「YouTuberってどこか遊んでいるように見られがちだけど…」というお話をしていました。

ただ、他の人がどう見ようと、それを真剣にやってる人からするとYouTubeもお仕事ですよね。

真剣にやる以上、サボったりはせずに調子が良い日も悪い日も毎日仕事するのが当然なわけです。

当たり前の話しに思えるのですが、けっこうこれは「会社として情報発信したいけどブログやSNSが続かない…」という悩みにも通じるものがあります。

結局、情報発信が続かないというのは単純に「仕事としての優先順位が低いから」ということにほかなりません。

ブログを書いたりSNSに投稿する行為が、これからのビジネスにおいても大切になってくるということを心から感じていれば、自然とそのために時間や労力を割くようになるはずです。

だからそれが「なかなか続かない…」というのは、やっぱり他の仕事を優先しているだけなんですね。

本当にそこから成果を出そうと思うのなら、「仕事としてちゃんと毎日やりましょう」ということです。

ネットでの情報発信は効果の即効性がないことが多く後回しにされがち

ネットで情報発信は大事だとわかりつつもなかなか優先して取り組めないのは、効果がすぐに実感できないからという理由もあります。

普段は既存のお客様の対応で大忙し、その仕事をしていればすぐに売上が発生するので対応しているうちに今日もブログが書けなかった…。そんなことって多いと思います(私自身、数え切れないほど経験してます)。

よく言われるのは「『緊急ではないけど重要なこと』ほど、しっかり定期的に時間を設けるべき」ということです。

長期的に考えると大事なんだけど緊急性がない仕事、それはよほど意識して時間を確保しておかないと、緊急性の高い仕事に追われていつまでも取り掛かることができません。

ネットでの情報発信は往々にして後回しにされがちなので、日頃から強く意識して時間をとっておくようにしたいものです。

Webマーケティングを広めていく立場にある以上、「ブログやSNSも立派な仕事として取り組みましょう」ということを伝えていかないといけないなと思いました。

それではまた!

採用サイトの制作やindeedによる求人広告運用はシンス株式会社まで。

〈 この記事を書いた人 〉

越水大輔

WEBプロデューサー越水大輔

シンス株式会社 代表取締役
社内ではWeb制作のディレクション、マーケティング、経営を担当しています。Webマーケティングで福岡に元気な企業を増やします。

その他のオススメの記事

ホームページのことは何でもお気軽にご相談ください!

092-406-8630

平日10:00〜18:00セールス目的のお電話はご遠慮ください

シンス株式会社

Webマーケティングのお役立ち情報を発信しています!