BLOG

  • Facebook
  • Twitter

WordPressで作ったWebサイトに検索フォームを設置する方法

越水大輔

越水大輔

WordPressで制作したWebサイトはコンテンツの更新が簡単なので、まじめに更新を重ねていけばすぐに100本、200本の記事数を作ることができます。

コンテンツの数が増えてきたとき、サイト上にあると便利なのが検索フォームです。

検索フォームがあればサイト内のコンテンツをキーワード入力で探すことができるので、何ページもアーカイブを辿っていく手間が省けてユーザーにもやさしいホームページになります。

get_search_formで検索フォームを設置

WordPressには検索フォームを設置するためのget_search_formという便利な関数があります。

テンプレートの好きな箇所に以下の1行を書き加えれば、その場所に検索フォームが表示されるようになります。

とてもシンプルで簡単ですよね?

ただ、このままではWordPressデフォルトの検索フォームが出力されるだけなので、もう少しカスタマイズを考えていきましょう。

searchform.phpでオリジナル検索フォームを作成する

検索フォームに独自のclassを設定して装飾を加えたり、要素を追加したい場合には検索フォームをカスタマイズする必要があります。

そんな時はテーマフォルダ内にsearchform.phpというテンプレートを用意しましょう。

このテンプレートを作成しておくと、get_search_form関数を実行したときにsearchform.phpの内容が読み込まれるようになります。

次のコードはWordPressデフォルトの検索フォームのコードですので、参考にしてsearchform.phpにカスタマイズしたコードを書きましょう。

searchform.phpカスタマイズで気をつけたいのは次の2点です。

  • form要素のaction属性にはWordPressのホームURLを指定
  • name属性がsのinput要素、そのinput要素に対するlabelを含める

WordPressの検索フォーム設置についてもっと詳しく知りたい方はWordPress Codexに情報がありますのでご確認ください。

以上、WordPressで作ったWebサイトに検索フォームを設置する方法でした。

売上アップ、人材採用、顧客獲得など様々なご要望に最適なホームページを制作いたします。

〈 この記事を書いた人 〉

越水大輔

WEBプロデューサー越水大輔

シンス株式会社 代表取締役
社内ではWeb制作のディレクション、マーケティング、経営を担当しています。Webマーケティングで福岡に元気な企業を増やします。

その他のオススメの記事

ホームページのことは何でもお気軽にご相談ください!

092-406-8630

平日10:00〜18:00セールス目的のお電話はご遠慮ください

シンス株式会社

Webマーケティングのお役立ち情報を発信しています!