BLOG

  • Facebook
  • Twitter

WordPressで特定のカテゴリーの時だけ表示させる条件分岐の書き方

越水大輔

越水大輔

WordPressサイトを制作している時に「このカテゴリーの一覧ページではボタンを表示させたい」とか「あのカテゴリーの記事ページだけこのテキストを表示させたい」とか、特定のカテゴリーに応じて変化を加えたいことってありますよね。

今回はそんな時に確認してほしいカテゴリーによる条件分岐の書き方をまとめました。

カテゴリーの記事一覧ページでよく使うis_categoryの条件分岐

記事一覧を表示させるためにループをさせている箇所や、アーカイブページでは条件分岐のためにis_categoryというタグを利用することが多いです。

実際の書き方を見て行きましょう。

指定箇所がカテゴリーの記事一覧だった場合に条件分岐させる

カテゴリーIDで特定のカテゴリーを指定して条件分岐させる

カテゴリースラッグで特定のカテゴリーを指定して条件分岐させる

「特定のカテゴリー以外」という条件を指定して分岐させる

複数のカテゴリーIDやスラッグを指定して条件分岐させる

個別記事のページでよく使うin_categoryの条件分岐

記事一覧の部分ではis_categoryによる条件分岐が多いのに対し、single.phpで表示されるような記事詳細ページではis_categoryタグを使って条件分岐することが多いです。

同じように実際のコードを見てみましょう。

記事がカテゴリーに属している場合の条件分岐

WordPressで作るサイトではどのカテゴリーにも属していない記事というのはまずないですが、基本的な記述はこのような形になります。

記事が属するカテゴリーをカテゴリーIDで指定して条件分岐させる

記事が属するカテゴリーをカテゴリースラッグで指定して条件分岐させる

「特定のカテゴリー以外」に属する記事という条件を指定して分岐させる

記事が属するカテゴリーを複数のカテゴリーIDやスラッグで指定して条件分岐させる

まとめ

is_categoryとin_categoryは見た目がよく似ていますが条件分岐として使う場面は異なるので、よくタグの意味を理解して使用しましょう。

大まかには今回紹介したようにis_categoryはアーカイブ表示での条件分岐でよく使い、in_categoryは個別記事表示のテンプレートでよく使うと覚えておけば良いでしょう。

こうしたよく使うコードをいくつか知っておくだけでもWordPressの制作効率は大きく変わります。

以上、WordPressで特定のカテゴリーの時だけ表示させる条件分岐の書き方でした。

〈 この記事を書いた人 〉

越水大輔

WEBプロデューサー越水大輔

シンス株式会社 代表取締役
社内ではWeb制作のディレクション、マーケティング、経営を担当しています。Webマーケティングで福岡に元気な企業を増やします。

その他のオススメの記事

ホームページのことは何でもお気軽にご相談ください!

092-406-8630

平日10:00〜18:00セールス目的のお電話はご遠慮ください

Webマーケティングのお役立ち情報を発信しています!