BLOG

  • Facebook
  • Twitter

2年間続けてきたリモートワークの運用を振り返ってみる【前提編】

越水大輔

越水大輔

こんにちは、福岡のホームページ制作シンス株式会社の越水です。

今回はタイトルの通り、シンス株式会社のリモートワーク事情について書いてみます。

シンスでは新型コロナウイルス感染拡大の影響をうけ、2020年2月からリモートワークを開始しています。

その後、緊急事態宣言が解除された頃に全員で今後の働き方について話し合った結果、基本的にはオフィスに来ても来なくても個人の自由という方針に落ち着きました。(緊急事態宣言やまん延防止措置が出たときは在宅勤務を推奨)

それからオフィスに社員が出社することはほとんどなくなり、いまやリモートワークが当たり前になってきたので、2年経ったことを機に自分たちの働き方を整理してみようと思います。

リモートワークのために欠かせない2つのポイント

まず、リモートワークを支える2つのポイントがあると思っています。

それは「性善説でのマネジメント」と「業務の成果を測れる状態にしておく」ということです。

性善説でのマネジメント

リモートワークでは社員や部下が何をしているか全て把握することができないので、「社員が仕事をサボるのではないか?」と懸念を抱く経営者や上司の方がいるという話しをよく聞きます。

しかしこのような考え方で疑いだしたらきりがなく、管理コストが際限なく高くなってしまいリモートワークはうまく機能しません。

リモートワークでは基本的に「うちのメンバーは見えないところでも真面目に仕事に取り組んでくれる」という性善説にのっとった考え方で運用することが大事です。

性善説での考え方が持てない場合、リモートワークに関する問題というよりは、どちらかというと会社の採用基準に課題がある気がすると思っています。

なぜなら、仕事をサボる人はリモートワークであろうとなかろうと人の目を盗んでサボるはずだからです。なのでまずはそういった人が集まらないような採用選考をしていくことも大事な気がします。

業務の成果を測れる状態にしておく

とはいえ、なにも制約がないとついつい楽なほうへ、低きに流れてダラけてしまうのが人間というもので、適切なルールや仕組みがある程度あったほうが仕事がはかどります。

そういう意味では自分たちが行っている業務の成果を、きちんと数字や目に見える形で把握できる状態することはリモートワークには欠かせません。

リモートワークでは普段の姿が目に見えないため、「今日は仕事を頑張りました!」と報告を受けても、成果が測れる状態になっていなければ「やる気」や「モチベーション」のみで仕事を評価することができないからです。

「こんなに仕事を頑張っているのに上司は評価をしてくれない」こういうシチュエーションが増えると上司も部下もお互いにストレスが溜まります。

普段の動きが把握しづらいリモートワークだからこそ、数字やビジュアルなどで客観的に業務成果を判断できる状態をつくっていくことが重要です。

まとめ

これまでリモートワークを続けてきて、これだけは欠かせないと思うポイントを2つ挙げてみました。

これまで書いた内容は、以前YouTubeでも話したことがありますが、それ以降もリモートワークを続けてきて考え方は変わっていません。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

次回は弊社がリモートワークを実現するための仕組みをどのように運用しているかを、実践編としてまとめたいと思います。

それではまた!

〈 この記事を書いた人 〉

越水大輔

WEBプロデューサー越水大輔

シンス株式会社 代表取締役
社内ではWeb制作のディレクション、マーケティング、経営を担当しています。Webマーケティングで福岡に元気な企業を増やします。

その他のオススメの記事

ホームページのことは何でもお気軽にご相談ください!

092-406-8630

平日10:00〜18:00セールス目的のお電話はご遠慮ください

シンス株式会社

Webマーケティングのお役立ち情報を発信しています!