BLOG

  • Facebook
  • Twitter

【WordPress】PDFを埋め込みできるプラグイン PDF Embedder

芦刈光彦

芦刈光彦

こんにちは。
福岡のホームページ制作会社「シンス株式会社」の芦刈です。
WordPressの投稿エディター内に、PDFファイルを埋め込んで表示したい!ということってありますよね。

しかしWordPressのデフォルトの機能では、PDFを表示することはできません。
PDF Embedder」というプラグインを使うことで実装できますので、こちらの使い方についてご紹介します。

プラグインをインストール

PDF Embedder

プラグインの新規追加から「PDF Embedder」を検索してインストールをしてください。
インストールが終わったら「有効化」します。

細かい設定などは必要なく、これだけでPDFを表示することができます。

投稿をしてみよう

PDF Embedder

① ブロックを追加アイコンをクリックします。
② 検索窓が表示されるので「PDF」と入力しましょう。
③ PDF Embedderが表示されるのでクリックします。

PDF Embedder

Click here to Open Media Library to select PDF」と記載されている箇所をクリックします。

PDF Embedder

ファイルをアップロードするポップアップが表示されます。
PDFをアップロードして「選択」をクリックします。

PDF Embedder

投稿エディターにはファイルが格納されたパスが表示されますが、これでPDFが表示されるようになります。
プレビューでどのような表示になるのか確認をしてみましょう。

PDF Embedder

上記のようにPDFが表示されているのが確認できました。
下の方にはツールバーが表示されています。
左下のページの矢印をクリックするとページ送りができ、ズームをクリックすると拡大縮小ができます。

基本的は以上の手順だけでPDFを表示することができます。

オプション設定について

PDF Embedder

PDFを表示するだけなら、オプション設定をする必要ありませんが、どのような機能があるのか見てみましょう。
管理画面から「設定 > PDF Embedder」へ進むと、プラグインの設定をすることができます。

幅と高さ
デフォルトでは「max」となっていますが、PDFの表示サイズを任意に設定することができます。

ツールバーの位置・ツールバー表示
ツールバーの位置では「上部・下部・両方」から選択することができます。
ツールバー表示では「文書マウスオーバー時のみツールバーを表示・ツールバーを常に表示」のどちらかを選択します。

Display Credit
こちらにチェックを入れると「PDF Embedder」のクレジットと公式サイトのリンクが表示されます。

プレミアムバージョンでのみ使用可能なオプション」は有料版の設定となります。
もしユーザーにPDFをダウンロードさせたい場合は、無料版ではできませんので注意が必要です。

ホームページ上でPDFの内容を見せたい場合はプラグインを使う方が良いです。しかしダウンロードさせたい場合は、このプラグインを使うのではなく、通常のエディターでPDFリンクを掲載した方が良いかもしれません。

投稿別にオプション設定も可能

PDF Embedder

投稿ページの右側エリアでも個別にオプション設定をすることが可能です。
英語で書かれてますが「Toolbar Location」はツールバー位置のことで「Toolbar Hover」はツールバー表示の設定となります。

まとめ

いかがだったでしょうか。
「PDF Embedder」を使えば、簡単にPDFを表示することができました。
PDFを別ページで開く必要がないので、ユーザーにとっても使い勝手が良さそうですね!
是非試してみてください。

〈 この記事を書いた人 〉

芦刈光彦

Webディレクター芦刈光彦

社内では、Web制作のディレクション、フロントエンドを担当しています。
音楽と登山が好きです。ずっと福岡に住んでます。どうぞお気軽に。

その他のオススメの記事

ホームページのことは何でもお気軽にご相談ください!

092-406-8630

平日10:00〜18:00セールス目的のお電話はご遠慮ください

シンス株式会社

Webマーケティングのお役立ち情報を発信しています!