BLOG

  • Facebook
  • Twitter

WordPressで投稿に紐づくタームを取得する方法

こんにちは、福岡ホームページ制作シンス株式会社のWordPressが好きなちゃんけいです。

WordPressを使ったホームページ制作で、「投稿のターム情報を取得したいなぁ」という時がよくあるかと思います。

今回は、私が制作中に使っている関数をまとめました。

投稿のターム情報:get_the_terms()

投稿のターム情報を取得するにはget_the_termsを使います。

必要な引数は、投稿IDと取得したいタームのタクソノミー名だけ、ループの内外で使えるので使いやすくてとっても簡単ですね!

取得したターム情報は配列で返ってきますが、タームがついていない場合はfalseになるのでif文を使って中身の判定をしましょう。

お気づきの方も多いかと思いますが、get_the_categoryも似たような書き方をしますね。

WPコアファイルのcategory-template.phpの76行目にある、get_the_categoryが定義されているところを見てみると….

get_the_categoryを呼び出しても、結局はget_the_termsが使われています。

なので、個人的にはget_the_termsしか使っていません。

参考サイト:関数リファレンス/get the terms

ターム一覧表示:get_terms()

指定したタクソノミーの持つタームを全て取得し、一覧表示する場合はget_termsを使います。

第二引数で取得するものや、並び順等を指定できます。

投稿の無いタームは取得しません。

もし取得したい場合は、オプションでhide_emptyをfalseにして使ってください。

参考サイト:関数リファレンス/get terms

taxonomy.phpで現在表示中のターム情報を取得:get_queried_object()

get_queried_objectは現在クエリ中のオブジェクト取得できます。

オブジェクトが戻ってくるので、中身を確認して使ってみてください。

get_queried_objectは使うテンプレートによって取得する内容が異なるので、その点を理解して使ってみてください。

参考サイト:関数リファレンス/get queried object

まとめ

カテゴリーやタグ、カスタムタクソノミー多くの専門用語があり初めてWordPressを触ってから少し混乱してしまうかもしれません。

そんな時は、1つ1つの言葉の意味を理解し、公式リファレンスのソースファイルの場所からコアファイルを確認してみてください。

本質を追求したSEOノウハウによって集客やお問い合わせアップにつながるホームページ制作をいたします。

その他のオススメの記事

ホームページのことは何でもお気軽にご相談ください!

092-406-8630

平日10:00〜18:00セールス目的のお電話はご遠慮ください

シンス株式会社

Webマーケティングのお役立ち情報を発信しています!